青物にはこのルアーを持っておけば間違いない!おすすめのミノーをご紹介!

f:id:tepe1215:20191022114711j:plain

ショア(岸)から青物を狙う際、魚が表層を意識しているが、トップ系のルアーに反応がないときはミノーが効果的です。
ダイビングペンシルやポッパーほどのアピール力はないですが、ベイトライクなアクションやシルエットで特にマズメ時に有効です。
またルアーへのアクションは必要なく、ただ巻きでも釣れてしまうところも魅力。
今回はそんな青物におすすめのミノーをご紹介させていただきます。

 

 

青物用のミノーを選ぶポイント

シーバス用のミノーは各社からたくさん発売されていますが、大型青物を想定した場合シーバス用のミノーではフックサイズや強度が不安です。
ではどのようなミノーが青物を狙う際に適しているのか見ていきましょう。

 

POINT

● 飛距離が出る

● ルアーの強度が高い

● フックサイズが大きい

● ファーストリトリーブでもアクションする

 

飛距離がでる

ショアから青物などの回遊魚を狙う際、飛距離は最大の武器となり釣果に大きく影響します。
シーバス用のミノーは自重が軽いものが多く、無風や追風であればそこそこの飛距離はでますが、少しでも風があると飛距離に大きく影響します。
そのためある程度自重があるヘビーウェイトタイプのものがおすすめ。

 

ルアーの強度が高い

青物を釣りあげた際、魚がバタバタと暴れるためブリなどの大型魚であればその衝撃で簡単にルアーが破損します。
また磯際などでルアーをぶつけてしまってもルアーが破損します。
強度の高い貫通ワイヤータイプのものがおすすめ。

 

フックサイズが大きい

シーバス用に設計されたミノーは、基本的にフックサイズが小さなものが多く、青物であればハマチサイズのでも簡単にフックが伸ばされてしまいます。
ましてやメジロ、ワラサクラス以上になると、せっかく掛かった大物がフックアウトになり魚を逃してしまわないように#2フック以上のものがおすすめ。

 

ファーストリトリーブでもアクションする

シーバスは基本スローなリトリーブスピードですが、青物は速いアクションに反応すると言われており、ファーストリトリーブが基本となります。
高速でミノーをリトリーブした際にルアーのアクションが破綻したり、水面から飛びててしまわないようなものがおすすめ。

 

青物におすすめのミノー5選 

ダイワ/セットアッパー125SDR

このルアーの最大の武器は飛距離!最大79.5m、平均77mの脅威のぶっ飛びミノー!またロッド操作とリトリーブスピードをコントロールすることで、潜行レンジを最大2mまでカバーできる。非常に人気があるため、人気のカラーはすぐ売切れになることもばしば。
ただシーバス用ミノーなので、青物狙いであれば太軸フックに交換が必要となる。

オーナー針 STX-58 スティンガートリプルエクストラ

全長 重量 タイプ フック
125mm 26g スローシンキング #6

 

シマノ/ロックジャーク

シマノ独自の「AR-C重心移動システム」で安定した飛行姿勢を確保。平均飛距離は70mオーバー!磯での使用を想定して開発された「3X BODY」、貫通ワイヤー採用で強度充分。またフックは#2が標準装備なのはうれしいところ。

全長 重量 タイプ フック
140mm 35g スローシンキング #2

 

ジャクソン/ピンテールEZ

飛距離抜群のヘビーウェイトミノー。誰が使ってもただ捲きでキビキビ泳ぎます。汎用性が高く様々なターゲットに有効。また大型青物にも強度面で不安を抱くことのないよう、溶接貫通ワイヤーモデルもあり。

全長 重量 タイプ フック
70mm 20g スーパーシンキング #6
90mm 28g スーパーシンキング #4
110mm 45g スーパーシンキング #2

 

JACKALL/ナブラミノー

飛距離とアクションバランスの良さを突き詰めた高速巻き専用ミノー。ファーストシンキングタイプで幅広いレンジを狙うことができる。#2フックが標準装備なので少々強引なファイトでも安心。

全長 重量 タイプ フック
84mm 27g ファーストシンキング #4
103mm 42g ファーストシンキング #2

 

タックルハウス/K2F

ファーストリトリーブでもしっかりアクションしてくれ、水面を飛び出すこともありません。「K2F142はT:1とT:2の2タイプがあり、リップの角度に違いがあり潜航レンジや飛距離が変わってきます。

全長 重量 タイプ フック
142mm 26.5g フローティング #2
162mm 45g フローティング #1/0

 

さいごに 

ショアジギング・ショアキャスティングは、キャストとリトリーブを繰り返し体力の消耗が激しい釣りになります。
ロッドワークに疲れたときや、回遊待ちのときなどにもミノーはおすすめのルアーです。
ミノーのアクションには、ローリングやウォブリングなど使用するミノーによっても違うため、いろいろなものを試してお気に入りのルアーを見つけましょう!

 

www.natural-journey.net

www.natural-journey.net