Natural Journey

ナチュラルジャーニー

ライトショアジギングリールの選び方!おすすめリールを厳選してご紹介!

f:id:tepe1215:20191006170502j:plain


堤防などからメタルジグなどを使って、フラットフィッシュ、小・中型青物などを狙うライトショアジギング。

近年その手軽さから人気を博しています。また不意に大型青物が釣れることもあり、ロマン溢れる釣りです!

今回はそんなライトショアジギングに使用するリールの選び方、おすすめなリールをご紹介させていただきます。

ライトショアジギングリールの選び方

f:id:tepe1215:20191025164926j:plain

適正な番手

リールの番手は糸巻量を基準に決めますが、ライトショアジギングでは3000~5000番がおすすめ!

上記の番手であれば、ライトショアジギングロッドのM(ミディアム)クラスとのタックルバランスもベストマッチだと思います。

 

※メーカー別スピニングリールの表記

 

● ダイワ:3000番 ※LTモデルは4000~5000番

● シマノ:4000~C5000番

 

 

必要な糸巻量

ライトショアジギングではPEラインが主流となり、ラインの太さは1号~2号程度を使用します。

メタルジグを100mぐらい遠投する釣りになりますので、上記のラインを200m巻けるスペックのリールを選びましょう!

それぞれのリールには適正な糸巻量があり、ラインを多く巻きすぎたり、少なすぎたりするとライントラブルの原因となります。

ギア比とは

ライトショアジギングでは糸ふけを素早く回収したり、青物に効果的な早巻きをするため「ハイギア・エクストラハイギア」がおすすめ!

ギア比の数字が大きいほどハンドルを1回転した際に、ラインを多く巻取ることができます。

 

※メーカー別スピニングリールの表記

 

● ダイワ:H(ハイギア)、XH(エクストラハイギア)

● シマノ:HG(ハイギア)、XG(エクストラハイギア)

 

 

ライトショアジギングのおすすめリール10選!

ダイワ、シマノのおすすめリール10機種をご紹介させていただきます。近年ではコスパ抜群のリールもたくさん発売されています。

入門者から上級者の方まで買い替え、新しく購入の際は、ぜひ参考にしていただければと思います。

ダイワ

  • フリームス

ダイワの技術を惜しみなく搭載!LTモデルで生まれ変わったフリームス。1万円ちょっとで購入でき入門者の方におすすめ。

 

  • レグザ

2019年1月発売の新商品。メタルボディなので、パワー、耐久性を必要とするライトショアジギングにベストマッチなリール。しかもコスパ抜群!

 

  • カルディア

ダイワの技術が惜しみなく搭載された1台。5000番サイズでも自重はなんと240g!

 

  • ブラストLT

衝撃の軽さで圧倒する高剛性SWスピニングリール。スーパーメタルボディなので、高い負荷がかかった際もボディがゆがまず、内部のギヤの噛み合わせが狂うことなくしっかりした巻上力と耐久性を生み出す。

 

  • セルテート

「タフでありながら軽量」。モノコックボディで生まれ変わったセルテート!このリールを購入して後悔することはないでしょう。

 

 

シマノ

  • スフェロスSW

HAGANEギア、HAGANEボディ、コアプロテクト搭載!ねじ込み式ハンドルなのも魅力!コスパ抜群のリールでおすすめ!

 

  • 19ストラディック

2019年の新商品!ステラにも搭載されているマイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブをなんとっ搭載!ハイエンドモデルに近い巻き心地!

 

  • ストラディックSW

ストラディックのSWシリーズ。ローラークラッチ&ラインローラーには防水性を高めるXプロテクトを採用。

 

  • サステイン 

ツインパワーXDに引けをとらないハイスペックリール。「マグナムライトローター」搭載で巻きだしも非常に軽く、高感度を実現。

 

  • ツインパワー

2020年ついにリニューアルされたツインパワー!前作よりさらに剛性と耐久性が向上しています。ステラにも迫る勢いのハイスペック機!

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?コスパが高いリールを厳選してご紹介させていただきました。

最近のリールは自重が軽く剛性も高いものが多く、上位機種並みの本格的な性能を搭載しています。購入をご検討の方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

www.natural-journey.net