「穴釣り」は誰でも簡単に魚が釣れる?!ハマる人続出?!

f:id:tepe1215:20190519123438j:plain

いざ始めてみると手軽で楽しい穴釣り。ガシラ(カサゴ)やメバルなど釣って楽しい、食べて美味しい魚が釣れるのも魅力です。
1年中を通して楽しめ、簡単に始められるので釣り初心者の方にもオススメな釣り方です。

穴釣りとは

f:id:tepe1215:20191219161832j:plain

穴釣りはテトラポッドや石畳の隙間に仕掛けを落とし、カサゴやメバルなどのロックフィッシュ(根魚)をターゲットにした釣り方です。

最初は「こんなところに本当に魚がいるの?」と思うものですが、半信半疑で仕掛けを穴に落としてみてください。
意外と簡単に魚からの反応があると思いますよ。(≧▽≦)

 

どんな魚が釣れる?

f:id:tepe1215:20190815224935j:plain

穴釣りで釣れる魚種は、カサゴ(ガシラ)・メバル・アイナメ、ソイなどのロックフィッシュ(根魚)がメインとなります。

その他にも高級魚で知られるアコウ(キジハタ)、タコ、黒鯛(チヌ)なども釣れることがありますよ。

 

時期・時間帯 

f:id:tepe1215:20191219161859j:plain

穴釣りはシーズンを問わず、春から冬まで一年を通して釣りを楽しめます。また時間帯についも暗い時間帯に限らず、太陽が昇っている日中でも十分に釣果を出すことができまるのは嬉しいところ。

ただ日中は魚の警戒心も高いため、より暗くなっている深い穴(隙間)を狙うようにしましょう。

 

タックル・仕掛け・エサ

f:id:tepe1215:20190520100412j:plain

タックル

穴釣りのタックルですが高価なものは必要なく、手持ちのタックルや安価なセットのものでも十分に釣りをすることが可能です。

より快適に釣りをするのであれば下記がおすすめです。

・長さが1m前後のショートロッド
・小型の両軸リール、ベイトリール
・ナイロンライン(3号前後)

 

2,000円ほどのリーズナブルな穴釣りセット。「とりあえず穴釣りを始めたい」という人やお子様におすすめ。

 

ジャッカルから穴釣り専用ロッドが発売されています。ショートタイプで扱いやすく、効率よく隙間を責めることができます。スピニング、ベイトリールどちらもセット可。

 

小型の両軸リールが穴釣りには使いやすくおすすめ。もしくはバス用のベイトリールでもいいですね。 

 

ラインがテトラなどに触れることが多いため、安価なナイロンラインが穴釣りにはおすすめ。 

 

仕掛け

穴釣りの仕掛けはオモリと針がセットになった「ブラクリ」3~4号を使用します。道糸の先にブラクリを付け、テトラの隙間に落とすとコロコロと転がって底まで落ちてくれます。

ブラクリは穴釣り専用に設計されているため、根掛かりが少ないことが特徴です。

とは言え、穴釣りには根掛りが付き物なので、複数個予備を持っていくことをおすすめします。

 

エサ 

f:id:tepe1215:20191220175657j:plain

穴釣りは餌でもワームでも釣ることが可能です。

餌はアオイソメ、ゴカイが定番ですが、苦手な人はイカやサバの切り身などでも可能です。

 

釣り方・ポイント

f:id:tepe1215:20191219164511j:plain

テトラポットや石積の穴など、隙間さえあればどこにでも魚が潜んでいる可能性があります。釣り方は至って簡単なので、女性やお子様も楽しめますよ。

 

【穴釣りの手順】 

仕掛けを穴(隙間)に落とし込む

②仕掛けが着底したら少し巻き上げる

③アタリを数秒待つ

④アタリ(アタリがなければ次の穴に移動)

 

”コツコツ” というアタリがあっても早合わせは厳禁!魚がエサをしっかり食べたら”ゴンッ!” と強いアタリがありますので、そこから合わせるようにしましょう!魚が掛かってからは一気に巻き上げましょう!

仕掛けがより深く沈んでいく穴(隙間)こそ大物が潜んでいる可能性がありますので、より多くの穴を探っていくことが釣果に大きく影響します。

 

穴釣りをするときの注意点

穴釣りはテトラポットの上に乗って釣りをすることが多いのですが、テトラポットは大変危険な場所です。特に濡れたテトラポットは滑りやすくなっています。

万が一テトラポットの隙間に落ちてしまうと、一人では這い上がってこれないと言わていますので細心の注意を払い、事故のない楽しい釣行にしましょう。