ラピードF190にシングルフックを付けてみた!

最近休みの日は天気が悪かったり、風が強い日が多いので釣りに行けておりません。

そしてぶらぶらと釣具屋へ行き、ルアーを買ってしまいます…(T_T)

人気のダイビングペンシル「ラピードF190」を購入したので、シングルフックを付けてみたいと思います。

スポンサーリンク

ラピードF190とララペン165Fを購入

f:id:tepe1215:20200116135310j:plain
サイズ重量タイプ
190mm65gフローティング

ヤマシタ(YAMASHITA) ルアー ラピード F190 B35H トビウオ

ラピードの160mmは持っているのですが、さらにアピール力に優れた190mmを購入してみました。シマノの別注平政などと並んで人気のダイペンです。

160mmまでは標準でフック・リングが付属されていますが、このサイズになると別途購入しなければいけません。

適正フック・リングはトレブル太軸#2/0か#3/0、シングル4~7g(1本)、Mariaファイターズリングダエン#8と記載されています。

f:id:tepe1215:20200116140103j:plain
サイズ重量タイプ
165mm53gフローティング

JUMPRIZE(ジャンプライズ) ルアー ララペン165F #05 ブルーフラッシュ.

こちらも人気のジャンプライズのララペン!ララペンはサイズに関係なくリング・フックは別途購入が必要となります。

適正フックはSPXH#1/0、シングルフック対応可と記載されています。

f:id:tepe1215:20200116134440j:plain

ラピードにはシングルフック、ララペンにはトレブルフックを付けてみます。

2つで2,500円くらい… 高いっ!! 高すぎるっ!! (-_-;)

スポンサーリンク

ルアーにフックを装着

f:id:tepe1215:20200116134504j:plain

まずシングルフックを選ぶ際ですが、フックが重すぎたり軽すぎたりするとルアーのアクションやレンジが変わってしまうため、メーカー推奨のフック重量を基に選ぶといいらしい。

ラピードF190の適正フックはシングル4~7g(1本)となっているので、シャウトの”シングルクダコ”を購入。サイズは#5/0で1本のフック重量が4.4gとなります。

f:id:tepe1215:20200116134529j:plain

シングルフックはトレブルよりフッキング率は劣りますが、フッキング後のバラシは減ると言われています。

トレブルフックに比べフック径が太くなり、針の伸び、折れに対する強度が上がります。そのためドラグも締めこむことができ、アングラーに優位なファイトが行えますね。

f:id:tepe1215:20200116134518j:plain

フックとリングをセットすると、ルアーが65g、フック1本4.4g×2、リング×2でだいたい75gぐらいになります。

次はララペンにがまかつのトレブルフックを装着します。

f:id:tepe1215:20200116134451j:plain

ララペン165Fにはメーカー推奨のSPXH#1/0を付けます。オーナーのST66#2/0でも良いみたいです。

f:id:tepe1215:20200117102628j:plain

リングはオーナーのハイパーワイヤーを使用しました。

さいごに

f:id:tepe1215:20200117102617j:plain

今回ラピードにはシングルフックを装着しましたが、ダブルフックを装着する方も多いようなので今後いろいろ試行錯誤してみたいと思います。

もうすぐダックダイブ190も発売されるようなのでまた買わないと(≧▽≦)

▼大型のスプリットリングにはこのプライヤーが便利!