シマノから発売されているショアジギングロッド「コルトスナイパーSS」ってどんなロッド?

シマノから2019年8月新たに発売されたショアジギングロッド「コルトスナイパーSS」。今までのコルトスナイパーシリーズにはなかったモデルです。

最上位モデルにはコルトスナイパーエクスチューン > コルトスナイパー > コルトスナイパーBBの位置付けでした。

コルトスナイパーBBは実売価格が15,000円前後で購入でき、コスパの高いロッドのため使用されている方も多いのではないでしょうか。

そんなコルトスナイパーシリーズに新たに追加された「コルトスナイパーSS」はどのようなロッドなのかみていきましょう。

コルトスナイパーSSはどんなロッド?

シマノのホームページをみると

遠投性・操作性・パワー、すべてが高次元。

ショアジギング・ショアプラッギングゲームに特化、大物に挑むアングラーに提案するハイパフォーマンスシリーズ『コルトスナイパーSS』。上位機種で培ったロッドテクノロジーとノウハウを惜しみなく採用。軽くて強いブランクスを実現する基本構造、スパイラルX、ネジリ剛性を高める強化構造ハイパワーXを搭載。不快なブレやパワーロスが徹底的に抑制され、このゲームで重要視される遠投性・操作性・パワーが飛躍的に向上。防波堤・サーフ・磯場など幅広いシーンで活躍します。遠投攻略はもちろん、良型青物とのパワーファイトも得意。ブランクスはもちろんこと、セパレートグリップ搭載など部品の軽量化は疲労低減にも貢献。ラインナップは手軽なライトゲームから本格的な青物ゲームまでカバーする9アイテムを用意。

出典:シマノ

コルトスナイパーSSにはコルトスナイパーに搭載されている スパイラルX とコルトスナパーエクスチューン、BBに搭載されている ハイパワーX が 搭載されているようです!

下図はシマノホームページより引用したものですが、パワーが向上していることがわかります。ホームページ上では、大幅に向上と記載されていますが・・・

また強度も向上しているので、高負荷時にも安定したファイトが可能なようです。

出典:シマノ

ライトなモデルから本格的なショアジギングモデルまでラインナップされていますね。
Mパワーでも青物が6kg+αってことは、かなりロッドのパワーが強いってことなのでしょう。

コルトスナイパー、コルトスナイパーBBは少し柔らかいロッドという印象があったのですが、そのあたりも変わっているのでしょうか 。

【追記】コルトスナイパーSSに振出モデルが追加

出典:SHIMANO
品番全長(ft.)全長(m)継ぎ方式継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)適合ラインPE(号)
S100M-T10’0″3.05振出3117.6255MAX60MAX45MAX2.5
S100MH-T10’0″3.05振出3117.6288MAX80MAX65MAX3
振出モデルのスペック表

コンパクトで携帯性に便利な振出モデルが追加発売されました。仕舞寸法で比較すると2ピースの「S100M」は157cm、振出モデルの「S100M-T」は117.6cmとその差はなんと39.4cmもコンパクトになっています。しかし自重がコンパクトな振出モデルは2ピースに比べ15g重くなっていますね。

品番全長(ft.)全長(m)継ぎ方式継数(本)仕舞寸法(cm)自重(g)ジグウェイト(g)プラグウェイト(g)適合ラインPE(号)
S100M10’0″3.05逆並継2157240MAX60MAX45MAX2.5
S100M-T10’0″3.05振出3117.6255MAX60MAX45MAX2.5
2ピースの「S100M]と振出モデルの「S100M-T」を比較

携帯性を優先するバイクや自転車、電車での釣行が多いアングラーにとっては強い味方となることは間違いでしょう。

コルトスナイパーシリーズの比較

品名コルトスナイパーXTUNEコルトスナイパーコルトスナイパーSSコルトスナイパーBB
スパイラルXコア
スパイラルX
ハイパワーX
ガイド使用
(フレーム/リング)
チタン+ステン/SiCステン/SiCステン/SiC(トップ)+アルコナイトステン/SiC(トップ)+アルコナイト
本体価格62,000~69,000円34,200~40,000円27,200~28,000円21,000~22,200円
実売価格(Amazon調べ)51,000~57,000円前後25,000~30,000円前後20,000円前後15,000円前後

コルトスナイパーSSのガイド仕様ですが、ステンレスフレームKガイドというのはわかっていますが、すべてSICなのかトップのみSICなのか気になるところです。

<追記>
コルトスナイパーSSのガイドリングですが、コルトスナイパーBBと同じくトップのみSiCリングでその他はアルコナイトリングのようです。

まとめ

どうやら新しく発売されるコルトスナイパーSSは、コルトスナイパーとコルトスナイパーBBの間に入るモデルのようです。

今のところガイド仕様はわかりませんが、スパイラルXとハイパワーXが装備されており、おそらくコルトスナイパーより価格は低いのであればかなりおすすめなロッドであることは間違いなさそうですね。

ライトショアジングであれば、同じく8月に発売されるストラディック4000~5000番と合わせるとベストマッチですね!

最後までご覧いただきありがとうございます。