ロックショアなどショアジギングにおすすめのライフジャケット!

地磯・沖磯などから青物をターゲットにしたロックショアゲームでは、険しい山道や岩肌などで引っかかるらないよう専用のライフジャケット(フローティングベスト)のほうがより安全に、より快適に釣行することができます。

この記事ではロックショアゲーム(磯釣り)でのショアジギングにおすすめのライフジャケット(フローティングベスト)を紹介しています。

ライフジャケットは必ず着用しよう!

f:id:tepe1215:20200519112929j:plain

ライフジャケットを着用して海に転落した場合、未着用の場合に比べ生存率が約2倍も高くなると言われています。

ライフジャケットを装着することで落水時も沈むことなく、呼吸困難に陥るのを防いでくれます。また水中に浸かる面積を少なくすることで体温の低下を遅らせ、低体温症が発症するまでの時間も延ばしてくれます。

また高場からの落水時は衝撃も大きく、海面に叩きつけられた時の胸・背中への衝撃もやわらげてくれます。

ライフジャケット(フローティングベスト)の種類

ライフジャケットには「固型式」と「膨張式」の2種類のものがあります。どのような違いがあるのか、それぞれの特徴を説明していきます。

固型式

出典:シマノ

固型の浮力材が入ったスタンダードなライフジャケット。ルアーケースなどが収納でき、確実に浮力が得られ転倒時には体を保護してくれます。

膨張式のものと比べ、蒸れやすく動きにくいというデメリットがありますが、ルアーフィッシングや磯釣りでは固型式のものが主流となっています。

膨張式

出典:シマノ

膨張式ライフジャケットには、「首かけタイプ」と「腰に巻くタイプ」の2種類があり、水中に入った時に自動で起動する自動膨張式のものと、手動で起動させる必要のある手動膨張式のものがあります。

固型式のものに比べ軽くて動きやすく、コンパクトで持ち運びにも便利なため、船釣りから防波堤まで幅広く使用されています。

関連記事 ≫桜マークってなに?ライフジャケットの種類などを詳しく解説! 

地磯・沖磯のロックショアゲームでは固型式一択!

ロックショアゲームで使用するライフジャケットは、固型式のゲームベスト、フローティングベストに限ります!

磯場はフジツボやトゲトゲとした岩場が多いため、膨張式のライフジャケットであれば簡単に穴が開き空気が抜けてしまいます。そのためライフジャケットを着用していも、浮力を確保できないことに繋がってしまいます。

また固型式のものでもシーバスゲームなどで使用するライフジャケットには、前面にルアーケースなどをたくさん収納できるポケットが付いていますが、ロックショアゲームではポケットレスなシンプルなものがおすすめ!

ポケットレスの利点しては、「足元の視界が確保しやすい」「岩肌などにひっかかりにくい」「ロッドワークの際にライフジャケットに干渉しにくい」などがあります。

POINT
  • 固型式は転んだ際に体を保護してくれる
  • 落水時、確実に浮力を確保できる
  • 足元の視界を確保しやすいもの
  • 岩肌などにひっかかりにくいもの
  • ロッドワークの際に干渉しにくいもの

おすすめのライフジャケット(ゲームベスト・フローティングベスト)

アピア

一切のムダを省いたロッドワークに干渉しないシルエットと、浮力のバランスを考慮し、タイトな装用感を発揮。ショアアングラーに人気のライフジャケット!

シマノ

シマノから今春リリースされるロックショア専用ベスト。シマノの好きにおすすめ!

ダイワ

タックルを持つ手をフリーにできるタックルキャリーシステム搭載。ロッドベルトでまとめたリール付きタックルを背負って携行する事が可能。収納容量を増やしたい場合にはアタッチメントポケットDA-4020(別売)を追加できるフラップを内蔵。

マズメ

シンプル且つ機能性を重視したコスパ抜群のライフジャケット!マズメ製品の特長でもあるウェストハーネスシステムを採用。

双進

ヒップバッグとの併用を考えた、ショートタイプのロックショアベスト。ロッドの操作性を重視し、フロントポケットを排除。

オーナー

ネオプレン2ミリ素材なので伸縮・軽量・柔軟性に優れています。磯のルアーゲームのみをさらに追及したボディープロテクター(フローティングベスト)。

まとめ

上記でおすすめしたロックショアゲーム向けのライフジャケットは、ポケットが少ないためルアーケースなどの荷物はバックパックに入れて持ち運びするようにしましょう。

釣行時は必ずライフジャケット・磯靴は着用し、ケガ・事故のない楽しい釣行でBIG FISHを手にしよう!!