『19スフェロスSW』はサーフ、ライトショアジギングにベストマッチなリール!

 

f:id:tepe1215:20191013135620j:plain

スフェロスSW

出典:シマノ

シマノより新しくコスパ抜群の『19スフェロスSW』が発売されました。スフェロスといえばシマノのSWシーリズではエントリーモデルの機種。
14スフェロスSWは5000~8000番の大型ラインナップのみとなり、価格は安価ですが自重が重い印象がありました。
今回発売された19スフェロスSWは3000、4000番のラインナップのみとなり、剛性、耐久性に優れておりシーバス、サーフ、ライトショアジギングにピッタリなリールです。

 

 

19スフェロスSWの特徴

f:id:tepe1215:20191015161427j:plain

出典:シマノ

近年シマノのリールにはHAGANEギア、Gフリーボディ、X-SHIPは当たり前のように搭載されており、19スフェロスSWではそれらに加えHAGANEボディ、コアプロテクト、カーボンクロスワッシャーが搭載されています。

・ HAGANEギア
・ HAGANEボディ
・ カーボンクロスワッシャー
・ Gフリーボディ
・ X-SHIP
・ コアプロテクト

 

f:id:tepe1215:20191014120200j:plain

HAGANEボディ

出典:シマノ

ボディはアルミニウム製のHAGANEボディが採用されており、 シマノのエントリーモデルの中では剛性、耐久性がより強固なリールとなりました。

 

f:id:tepe1215:20191014120152j:plain

カーボンクロスワッシャー

出典:シマノ

大型機種や上位機種にも搭載されているカーボンクロスワッシャーを搭載。さらに耐摩耗、耐久性にも磨きがかかりました。

 

f:id:tepe1215:20191014120157j:plain

ねじ込みハンドル

出典:シマノ

ナスキー以下のリールは供回り式ハンドルになっていますが、やはり使用しているうちにガタつきが出てきます。この価格帯のリールでねじ込み式ハンドルはうれしいですね。

 

自重については3000番が255g、4000番が280gとなっており、特別に軽いというわけではないですが、以前のように重たいリールというイメージは払拭され、一日中キャストしていても疲れない重さになっています。 

 

スペック

品番 ギア
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力(kg)
自重(g) スプール寸法
(径mm/ストロークmm)
  • ナイロン糸巻量(lb-m)
  • フロロ糸巻量(lb-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大
巻上長
(cm/
ハンドル
1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格(円)
3000XG 6.2
  • 3.5
  • 9.0
255 46.5/14.5
  • 2.5-180、3-150、4-100
  • 2.5-160、3-130、4-100
  • 1-400、1.5-270、2-200
91 55 3/1 15,800
4000HG 5.8
  • 6.0
  • 11.0
280 51/17
  • 3.5-170、4-150、5-125
  • 3-190、4-145、5-115
  • 1-490、1.5-320、2-240
93 55 3/1 15,800
4000XG 6.2
  • 6.0
  • 11.0
280 51/17
  • 3.5-170、4-150、5-125
  • 3-190、4-145、5-115
  • 1-490、1.5-320、2-240
99 55 3/1 15,800

 

 

参考対象魚・釣種

●#3000 シーバス、サクラマスなど

●#4000 サーフ、ヒラスズキ、ライトショアジギング、ライトショアキャスティング

さいごに

シーバス、サーフ、ライトショアジギングの釣りでは剛性、耐久性の高くなった19スフェロスSWは、1万円ちょっとで購入できるコスパ抜群のおすすめなリールだと思います。

これからタックルを揃える方やリール新調をお考えの方は、ぜひ検討してみていはいかがでしょうか?
今後5000番以上の大型ラインナップも発売されるのでしょうか?気になるところですね。