ロックショアにおすすめの磯靴はこれだ!

近年ロックショアゲームなど、磯での釣りが人気を博しています。そんな磯場は危険とも隣合わせな場所となり、波しぶきで岩場が濡れていたり、海藻や苔が付いていて滑りやすくなっています。

そのため堤防などの釣りとは違いより万全の装備が必要となり、ライフジャケットと同様にマストアイテムなのが「磯靴」です。

この記事では磯靴の選び方やおすすめのシューズを紹介していますので、購入をお考えの方はぜひ参考にしていただければと思います。

磯靴の選び方

磯靴を選ぶ際ですが「ソール(靴底)の種類」「靴のサイズ」「靴の種類」の3点をチェックし、選ぶといいでしょう。

POINT
  • ソール(靴底)の種類
  • 靴のサイズ
  • 靴の種類

ソールの種類

f:id:tepe1215:20200517133356j:plain

出典:ダイワ

磯靴のソール(靴底)には、「スパイク」「フェルトスパイク」「スパイクフェルト」「フェルト」の4種類があります。

関西方面であれば、上の写真のようなゴツゴツとした岩場の地磯・沖磯が多いため、「フェルト」以外のソールであればほとんどのフィールドで対応できるでしょう。

また地磯釣行で山道を歩いていくようなら、「フェルトスパイク」「スパイクフェルト」では落ち葉、枯葉などの上ではグリップしないこともあるため、スパイクシューズが断然おすすめ!

沖磯に渡船を使って渡る場合、渡船業者によってはスパイクシューズで船に乗ることを嫌がるところもあるため、事前に確認しておくほうがいいでしょう。

ソールを選択する目安
  • 地磯・・・スパイクシューズ
  • 沖磯・・・フェルトスパイク、スパイクフェルト

サイズ

f:id:tepe1215:20200517132922j:plain

磯靴を購入する際に悩みどころになるのがシューズのサイズ。同じサイズのものでも各製造メーカーによってサイズが違ったり、ウェーディングシューズであればソックスの厚みを考慮されており、少し大きめのサイズのものもあります。

磯靴の中に速乾性のソックスを履くのか、ウェットスーツやタイツを着用していればウェットソックス、夏場であればゲーター、冬場は防水ソックスやネオプレーンソックスなどさまざまで、季節によって足のサイズが変わってくるのが悩ましいところ。

実物を履いて購入することが一番おすすめですが、磯靴は意外と店頭に置いている商品が少ないのが正直なところ。インターネットで購入する際は、メーカーのホームページや口コミなどをしっかりチェックしましょう。

防水シューズ?ウェーディングシューズ?

f:id:tepe1215:20200517132940j:plain

■ 防水シューズ

防水シューズは少々の雨では内部に水が浸入してこないメリットがあります。しかし、水抜け穴のあるシューズと違い、一度水が浸水してしまうと内に溜まったままになります。
渡船を利用しての沖磯や足場の高い磯など、ほとんど濡れることがないフィールドであれば防水シューズがおすすめ。

■ ウェーディングシューズ

地磯など道中に膝まで浸かって渡らないといけない磯や、タイドプール(潮だまり)などを気にせずガンガン歩くなど濡れることが前提の場合は、水抜け穴のあるウェーディングシューズがおすすめ。

関連記事 ≫ロックショアなど釣りにおすすめのバックパック!

おすすめの磯靴・ウェーディングシューズ

MAZUME

ロックショアで圧倒的な人気を誇るマズメのシューズ。タングステンピンが採用さており、従来のステンレスピンより2倍強の硬度、摩耗を軽減!スパイク、フェルトスパイクの2種類のソールがあります。

シマノ

透湿防水素材ドライシールドブーティを内蔵した5cm防水。すり減ったソールを簡単に交換できる「ジオロック」システム搭載。

透湿防水素材のドライシールドアッパーと、ソフトにしっかりフィットするBoaフィットシステムを採用。ソールは3Dカットピンフェルトのみ。沖磯や足場高い磯におすすめ。

ロックショアの定番、カットラバーピンフェルトのウェーディングシューズ。足元はクロロプレンとラバーでしっかりガードしてくれます。

ダイワ

スタイリッシュで高機能なロックショアシューズ登場。靴のカラーは「ブラック」と「モスグリーン」の2色のラインナップがあり、ソールは「スパイク」と「スパイクフェルト」があります。

ハイカットタイプが多い磯靴ですが、希少なローカットタイプ。スニーカー感覚で履け、機動性も抜群。スパイク、フェルトスパイクの2種類ソールがあります。

ローカットタイプのシューズで、つま先部と踵部をガードする新型カップソールを搭載。汎用性のあるスパイクピンフェルトソール。

フェルトスパイクソールのウェーディングシューズ。足首までしっかりホールドしてくれます。

双進

日本人の足に合う幅広のオリジナルの足型を使用、スパイクピンは安心のmade in JAPANのステンレス製を採用しています。フィールドでの汎用性に優れたフェルトスパイクソールはソール交換が可能。濡れることを想定しており水抜き穴あり。
※ストッキングウェーダー、クロロプレンソックス着用時のサイズ対応
通常のソックスの場合は1~2サイズダウンをお勧めいたします 

X’SELL

安価で抑えたい方にはこちらがおすすめ!コスパ抜群!スパイク、フェルトスパイクの2種類のソールがあります。

 X’SELLのスパイクシューズのインプレはこちら。

阪神素地

5,000円以内で購入できるコスパ抜群の磯靴!スパイク、フェルトスパイクの2種類があり、締め付けるところがヒモタイプとマジックタイプのものがあります。

関連記事 ≫ロックショアにおすすめのライフジャケット!

まとめ

磯靴も性能の良いものは高価になりますので、これからロックショアを始めたい方はまず安価なものでもいいので、磯に行く際は必ず磯靴を履くようにしましょう。

安価なものでも十分に安全を確保できます。ただ磯靴だから滑らないということはないので、常に細心の注意を払い安全で楽しい釣行にしましょう!