【インプレ】ダイワ16キャタリナはソルティガと互角?!

15ツインパワーSWと迷いに迷ったあげく、個人的にブラックのデザインが気に入りキャタリナの購入に至りました。

主に地磯でのショアジギング、プラッキングで使用しています。今さらですが2年間使ったインプレを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

16キャタリナについて

f:id:tepe1215:20190531130511j:plain

ソルティガに勝るとも劣らない耐久性と操作性に定評のあるキャタリナの2016年モデル。メインシャフトに「マグシールド」、さらに「マグシールドボールベアリング」をラインローラー部に装備。防水性能が強固になっただけではなく、ラインローラーの初動、効率が大きく向上。さらに滑り出しがスムーズでなめらかにドラグが効き続けるカーボンワッシャー採用のATD(オートマチックドラグシステム)を搭載。ドラグ設定値のパワー変化が少ないのも大型SWリールにおけるATDの特徴。ドライブギヤをはじめ各部パーツも見直し、さらなる耐久性アップを実現したオフショアシーンで頼れるマシン。

出典:DAIWA

ダイワのホームページではオフショア用となっていますが、ショアジギグでももちろん使用できる大型SWスピニングリール。

ダイワの最高峰リール「ソルティガ」と同等並みの性能を持ち合わせており、防水性能、耐久性、高剛性に非常に優れているキャタリナはパワフルかつ堅牢。

スペック

アイテム巻取り
長さ
(cm)
ギヤー比自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量
PE
(号-m)
ハンドル長さ
(mm)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
3500H985.7445102-300
3-200
658/156,500060103
4000874.9435103-300
4-220
658/157,500060073
4000H1025.7435103-300
4-220
658/157,500060110
4500944.9590154-300
5-240
758/166,500060080
4500H1105.7590154-300
5-240
758/166,500060127
50001044.9605154-400
5-300
758/167,500060097
5000H1215.7605154-400
5-300
758/167,500060134
6500H1315.7815306-400
8-300
858/176,500060141
出典:DAIWA

ダイワテクノロジー

  •  マグシールド/マグシールドボールベアリング
  •  ATD
  •  ZAIONエアローター
  •  スーパーメタルボディ
  •  ハイパーデジギヤ
  •  タフエアベール
スポンサーリンク

キャタリナ4500Hのレビュー(インプレ)

f:id:tepe1215:20181102123524j:plain

地磯、沖磯でショアジギング、プラッキングに使用しています。

メインラインはPE4号を300m巻いており、ロッドはミュートスアキュラ100Hに装着しています。

パワー

さすがに大型リールだけあって、パワフルな巻き上げでブリクラスなら余裕をもってファイトできます!80~100gのメタルジグをシャクっていても巻上げが非常にラク!

ドラグ

ドラグもすごく優秀!滑り出しがスムーズで滑らかにドラグが効き続けるATD。必要に応じてラインが出てくれ、急な魚の突込みにも対応してくます。

剛性・耐久性

剛性についてはタックルを不注意で倒ししてまいリールが岩にガシャン!ローターとスプールに傷がついてしまいましたが、メタルボディなどのおかげかギア・ボディにゆがみなどはありません。

またメンテナンスは、ラインローラーにマグシールドボールベアリングが搭載されているため、釣行後は水洗いのみ。注油なども行っていませんが、巻き心地やラインローラーも不具合なく使用できています。

巻き心地

大型リールなので、中型スピニングリールのようなシルキーな巻き心地感はありませんが、ショアジギングで使用する充分な巻き心地。

15ツインパワーSWとのスペック比較

品名16キャタリナ4500H15ツインパワーSW8000HG
巻上長(cm)110107
最大ドラグ(kg)1528
自重(g)590635
PE糸巻量4-300、5-2404-300、5-250
ベアリング数
ボール/ローラー
8/110/1
ハンドル長(㎜)7575
実売価格(Amazon調べ)56,410円54,665円

キャタリナと比較されるツインパワーSWですが、上図を見る限りでは最大ドラグ、自重、ベアリング数に違いがあります。

ドラグ値はツイパワーSWの方が上ですが、実際20kg以上のドラグ値はショアからの釣りに必要ないと思っているため、キャタリナのスペックで充分だと思います。

防水性能はどちらも遜色はないと思いますが、キャタリナがマグシールドボールベアリングを搭載しています。

そしてキャタリナを選んだ一番理由のとしては、フルメタルボディで剛性が高く、自重がツインパワーSWより45g軽いことがポイントでした。

おわりに

f:id:tepe1215:20181102123514j:plain

当初は5000番のノーマルギアが欲しかったのですが、行った釣具屋に在庫がなく4500Hを購入しました。スプールは4500Hと5000Hは互換性があります。

5000ノーマルギアでも巻取り長が104cmあり、ギア比も低くオフショアに限らず、ショアジギングにも良いと思います。

ショア・オフショアも含めおすすめなリールで、どんなロッドにもマッチするデザインだと思います。