【インプレ】シマノのロッドケースがコスパ抜群だった!

近場の堤防であればロッドケースは使わず、ロッドにベルトを巻き、丸裸のまま持ち運んでいますが、渡船を利用し沖堤防や沖磯へ渡る場合はそうはいきません。

とくに沖磯へ渡礁する際、同船する釣り人が協力してリレー方式で荷物を受け渡しますが、このときロッドが丸裸だと傷や破損の原因に繋がります。

荷物をスムーズに受け渡ししやすいように、ロッドケースに入れておくことが渡船を利用する上でのマナー。

また波やウネリがあると荷物も乱雑になりやすく、その様な時でもハードタイプのロッドケースなら安心です。

しかしハードタイプのロッドケースはそこそこな値段がします…。

手頃なものはないかと探していたところ、シマノのロッドケースが良さそうだったので購入してみました。

スポンサーリンク

シマノ/ロッドケース ストレート RC-035Q

f:id:tepe1215:20200917155730j:plain

ラインナップ 

品番カラーサイズ内寸(cm)ポケットサイズ(cm)重量(kg)本体価格(円)商品コード
RC-035Qブラック125P9×13×1255.5×10×911.796,50048685 1
RC-035Qブラック145P9×13×1455.5×10×912.067,00048686 8
RC-035Qブラック160P9×13×1605.5×10×912.067,60048687 5
RC-035Qブラック155S9×13×1551.825,90048688 2
RC-035Qブラック185S9×13×1852.206,30048689 9
RC-035Qブラック215S9×13×2152.316,70048690 5

≪ 竿収納目安 ≫
  • S(ポケットなし):船竿2本かルアーロッド2本
  • P(ポケットあり):船竿2本か投げ並継竿3本か投げ振出竿5本

ロッドケースのサイズは125cm~215cmまで6タイプのものがあり、手持ちのロッドの長さに合わせてサイズを選ぶことができます。

ショアジギングやショアプラッキングで使用頻度が高い、10フィート(2ピース)のルアーロッドであれば仕舞寸法は157cm、またサーフやヒラスズキで使用するような11フィート(2ピース)のロッドであれば、仕舞寸法は171.4cmとなります。

ロッドケースのサイズは、「185S」ならほとんどの長さのルアーロッドを収納することがきますね。

スポンサーリンク

ハード素材内蔵で大切なロッドを衝撃からガード

f:id:tepe1215:20200917155744j:plain

写真では分からないと思いますが、生地にはプラスチックのようなハード素材が内蔵されており、ロッドへの衝撃を和らげてくれます。

ソフトタイプのロッドケースであれば、置きキズは防げますがやはり衝撃には弱く、不意にロッドケースをぶつけてしまい中で穂先が破損なんてことも…。

その点ハードタイプであればロッドケースの重量は重くなりますが安心です。

f:id:tepe1215:20200917155813j:plain

底面はさらに丈夫な構造になっており、ロッドケースを縦置きした際でも問題ないでしょう。

スポンサーリンク

ルアーロッドは何本入るのか?

f:id:tepe1215:20200917155739j:plain

メーカーの収納目安はルアーロッドが2本となっていますが、いざロッドを2本収納してみると意外にスペースが!?

f:id:tepe1215:20200919122217j:plain

これならもう少しロッドを収納できそうです。

f:id:tepe1215:20200917155805j:plain

上の写真はショアジギングロッド2本、シーバスロッド2本の合計4本収納した状態です。

意外とゆったり収納できちゃいました。ロッドがケース内で暴れないように、内側に付いているバンドを締め固定します。
※メーカー推奨本数より多く収納しすぎると、ロッドの破損に繋がる恐れもあるため自己責任で。

まとめ

f:id:tepe1215:20200917155735j:plain

【良かったところ】
 ・ 価格が安価でコスパ抜群
 ・ 安全にロッドを持ち運ぶことができる
 ・ デザインもスマート
 ・ 収納力がある

【悪かったところ】
 ・ リールを装着したまま収納できない

沖磯・沖堤防など渡船を利用する場合、アングラーが多いときは特に荷物も乱雑になりやすいためロッド―ケースがあるとたいへん重宝します。

また磯は堤防と違い地面が凸凹しているため、タックルボックスに付けているロッドホルダーでは不安定です。となるとタックルを直に置くことになりますが、タックルをロッドケースの中に置くだけで細かなキズから守ることができます。

このロッドケースは価格が1万円以下で購入でき、ハード素材内蔵、造りもしっかりしていておすすめ!

ロッドケースを放り投げたりよほど雑な扱いをしない限り、充分にロッドの破損を防ぐことができると思います。

釣具はロッドやリールにお金を使いがちですが、大切なロッドをキズや破損から守ることができるロッドケースの購入もお忘れなく。

▼ 2021年の新商品はこちら