【2021年初釣り】煙樹ヶ浜へ青物を狙いに行ってきた!

2021年の初釣りは、和歌山の煙樹ヶ浜へ青物を狙いに行ってきた。

なぜ煙樹ヶ浜

緊急事態宣言が出ている都道府県もある中、煙樹ヶ浜は広大な釣り場のため、建前上ソーシャルディスタンスが確保できるからである(笑)

釣れないのは覚悟の上、年末に納車されたばかりのデリカD5を走らせた。

  • 釣行日 : 2021年1月中旬
  • 天 気 : 晴れ
  • 潮回り : 中潮
  • 時 間 : 6:30~8:30
スポンサーリンク

久しぶりの煙樹ヶ浜で青物を狙う

この日は無風で晴れの予報。しかし朝晩はかなり冷え込みがきつい。

現地へ着くと波も無く穏やかな海であった。

釣り人は思っていたより多く、ルアーマンというよりは、カゴ釣り師が多かった。

準備をしながらしばし海を眺めていると、海面がモゾモゾしていた。

すると

いきなりあちこちでボイルが発生!!

準備を済ませ、早速キャストを開始する。

ボイルの中を引いてくるが喰わない。

目の前でもボイル!ベイトが多すぎて喰わないのだろうか?!

ルアーはぶっ飛び君。

タダ巻きに反応がないため、スキッピングで誘ってみる。

するとようやくHit!

上がってきたのは50cmほどのハマチだった。

正体がわかればサイズアップを狙って再びキャスト開始。

規模は小さくなったが、ボイルはまだ続いている。

しかしルアーへの反応は鈍い。

今度は潮目に向かってキャストしてみる。

するとすぐ答えは返ってきた。やはり潮目はアツかった!

今度はさっきよりサイズが良さそうだ。

少し緩めに設定していたドラグが出る。いつ聞いてもドラグ音はたまらない(笑)

ようやく姿が見えたと思ったらスレがかりであった…。汗

太陽も昇り海も落ち着いてきたが、時折ボイルしている。

この前まで寒波で荒れていたため、ベイトが溜まっていたのか?
それとも来ないうちに地形が変わったのか?

そんなことを思いながらキャストしていると

あっ!ボイル!

すぐさまボイルのほうへキャストする!

するとまたまたHit!

似たようなサイズばかりであったが、2021年の初釣りでこれだけの釣果に恵まれれば大満足である。

その後は潮止まりで潮目、魚の気配もなくなったので納竿とした。

この日0はルアーの交換をせず、ぶっ飛び君のみで勝負してみた。

結果としてはこれが良かったかどうかはわからないが、これが釣りの楽しいところである。

スポンサーリンク

TACKLE

Rod:シマノ ディアルーナS100MH
Reel:シマノ ツインパワーXD4000XG
Line:シマノ ピットブル8 1.2号
Leader:シーガー プレミアムマックス26.5lb