トレブル(トリプル)フックの付け方でフッキング率が変わる?!

f:id:tepe1215:20191004110351j:plain

プラグではシングルフックではなく、トレブル(トリプル)フックがよく使われていますが、みなさんはフック交換の際にフックの向きに気をつけて取り付けをされていますか?
フックが正しい向きに付けられていなければ、泳ぎ方やフッキング率が変わると言われています。
今後フック交換の際に、参考にしていただければと思います。
それでは正しいフックの付け方を見ていきましょう。

 

 

トレブル(トリプル)フックの付け方でフッキング率が変わる?!

f:id:tepe1215:20191004110413j:plain

 

上のルアーを見てどちらのフックが間違った向きに付いているかおわかりでしょうか?

 

f:id:tepe1215:20191004110410j:plain

 

正解はリアフックの付け方が間違っています。

 

f:id:tepe1215:20191004110358j:plain

通常トレブル(トリプル)フックは、上から見るとアイと同じ向きをするフックがついている方向(矢印の方向)を前に向けて取り付けなければいけません。
しかしリアフックのみ反対に付けます。

これは上顎にフッキングしやすいように反対にセッティングされています。

 

トレブル(トリプル)フックの正しい付け方とは 

下の写真は横からルアーを見た状態ですが、購入した際はこの状態になっています。

f:id:tepe1215:20191004110639j:plain

f:id:tepe1215:20191004110444j:plain

f:id:tepe1215:20191004110440j:plain

 

フックが正しく付いていれば、ゴムでフックを留めた際にも下の写真のようにピッタリとフックがルアーに収まります。

 

f:id:tepe1215:20191004110344j:plain

 

3フックのルアーの場合はこんな感じ。リアフックのみ反対に取り付けられています。

 

f:id:tepe1215:20191004111506j:plain

まとめ

フックの向きが間違って付けられていると、ルアーのアクションやフッキング率が変わってくると言われています。また正しく付けられていればバラシ軽減にも繋がります。

この機会に正しくフックが付いているか、ルアーケースを見直してみてはいかがでしょうか?また今後フックを交換する際にも、参考にしていただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

おすすめのトレブル(トリプル)フック