【インプレ】ダイワ・ラテオはコスパ抜群の万能ロッド!

言わずと知れたダイワのシーバスロッド「ラテオ」。コスパの高さから非常に人気の高いロッドです。

発売から数年経ちますが、インプレも含めご紹介したいと思います。

▼最新モデルのラテオはこちら

スポンサーリンク

ダイワ・ラテオ(スピニングモデル)

小型のルアーを扱えるものから、サーフや磯で使用可能なものまで全14種類のラインナップがあります。

充実のラインナップ

アイテム特徴
86LL-S・Q

タフコンデションやバチ抜け時のショートバイトもフッキングに持ち込める感度重視モデル。抜群の喰い込み性能を備えたショートバイト対応の高強度ソリッドトップ「メガトップ」を搭載。小型シンキングペンシルや小型ミノー、ワーミングに威力を発揮。

90L・Q

ミノーからバイブレーション、トップウォーターまでオールラウンドに対応。遠投性能と感度に優れたオールラウンドモデル。港湾・河口部・干潟などのオープンエリアでミノーやバイブレーションで広く探るゲームに最適。

86ML・Q

バイブレーションやミノーを軸にブレード系まで、港湾攻略に欠かせないルアーを自在に撃ち込むアキュラシー重視モデル。取り回しのよいレングスはオーバーヘッドキャストはもちろんアンダーハンドキャストやサイドハンドキャストも自在にこなす。

90ML・Q

バイブレーションやミノーを軸にブレード系ルアーを自在に操るが、重量級のバイブレーションやミノーを遠投するだけでなく、引き抵抗の強いルアーも自在に操るパワーを併せ持つパワーオールラウンドモデル。

96ML・Q

遠投性能に優れた重量級ミノーやバイブレーション、ジグをかっ飛ばすロングキャストモデル。サーフや大河川河口、大型堤防など遠投性能が求められるフィールドで威力を発揮する。シャープな振り抜きを実現し、高感度・高操作性をもたらす。

100ML・Q

サーフや大河川河口で重量級ミノーやバイブレーション、ジグを気持ちよく飛ばすモデル。一にも二にも遠投性能が最優先されるサーフや大河川河口などのフィールドで威力を発揮する。

106ML・Q

サーフや大河川河口でのシーバス・フラットフィッシュゲームを主眼に、20~40gのメタルジグを使用するライトショアジギングにもおすすめの1本。10フィート6インチのロングレングスがさらなるロングキャストを可能にする。

90M・Q

シーバスパワーゲームからライトショアジギングまで対応するパワフルモデル。重量級バイブレーション・ブレード系ベイト・鉄板系ベイトなどパワーゲームが要求されるシーバスゲームから50gまでのジグを使って回遊魚を狙うライトショアジギングまでこなす。

96M・Q

サーフや大河川でのパワーゲームからライトショアジギングまで対応。サーフや磯、大河川河口、大型堤防などロングキャストが求められるフィールドで重量級ルアーをフルキャストし、魚をパワーでねじ伏せるロングパワーロッド。シーバスのパワーゲームはもちろんライトショアジギングにも強い。

106M・Q

96M・Qよりももう少し長さがほしいというアングラーに最適なロングモデル。長さを活かしたロングキャストで、サーフや河口、ライトショアジギングなど飛距離がモノを言う勝負で威力を発揮する。

100MH・Q

磯のヒラスズキやマルスズキをパワーでねじ伏せるストロングモデル。大型ミノーや60gまでのジグをさらしの奥に確実にフルキャストし、掛けた魚を強引なゴリ巻きファイトで一気に取り込むパワフルなブランクが武器。

110MH・Q

これまで以上に長くて堅めのロッドを使いたいアングラーにおすすめのモデル。長さとパワーを活かしたロングキャストで他のアングラーが届かないポイントをも攻略可能。

100TML・Q

磯師のサブロッドとして、コンパクトな仕舞寸法で携帯に便利なテレスコピック(振出)モデル。汎用性の高いMLパワークラスで、磯はもちろんサーフでも活躍する。

100TM・Q

沖磯、地磯問わず、携行性のよいテレスコピック(振出)の本格的パワーゲームロッドがほしい、という磯フリークの願いを叶えるロングモデル。高密度HVFカーボンをネジレ剛性の高いX45で補強したブランクはパワー十分。ガイドは丈夫なステンレスKL-H&KTをダイワ独自のセッティングで配置。ライトショアジギングに最適な一本。

スペック

品名全長
ft.(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
ルアー
重量
(g)
ラインメーカー
希望本体
価格(円)
ナイロン
(lb.)
PE
(号)
86LL-S・Q8’6″
(2.59)
21341201.2
(1.1)
11.4
(12.6)
3-154-120.4-1.023,500
90L・Q9’0″
(2.74)
21421301.7
(1.5)
12.4
(13.6)
5-286-120.5-1.223,500
86ML・Q8’6″
(2.59)
21341281.8
(1.6)
11.9
(13.1)
7-358-160.6-1.523,500
90ML・Q9’0″
(2.74)
21421331.8
(1.6)
12.4
(13.6)
7-358-160.6-1.524,000
96ML・Q9’6″
(2.89)
21491401.8
(1.6)
13.4
(14.6)
7-358-160.6-1.525,500
100ML・Q10’0″
(3.05)
21571521.8
(1.6)
13.9
(15.1)
7-408-160.6-1.526,000
106ML・Q10’6″
(3.20)
21641551.7
(1.6)
13.9
(15.1)
7-408-160.6-1.530,000
90M・Q9’0″
(2.74)
21421482.2
(2.0)
12.9
(14.1)
10-5010-200.8-2.025,500
96M・Q9’6″
(2.89)
21491552.2
(2.0)
13.9
(15.1)
10-5010-200.8-2.026,000
106M・Q10’6″
(3.20)
21641702.1
(2.0)
13.9
(15.1)
10-5010-200.8-2.031,500
100MH・Q10’0″
(3.05)
21571852.4
(2.2)
14.9
(16.1)
12-6012-251.0-2.528,500
110MH・Q11’0″
(3.35)
21722102.4
(2.3)
15.4
(16.6)
12-6012-251.0-2.532,500
100TML・Q10’0″
(3.05)
31131802.1
(1.9)
18.3
(18.4)
7-408-160.6-1.529,500
100TM・Q10’0″
(3.05)
31131952.1
(2.0)
18.3
(18.4)
10-5010-200.8-2.029,500

特徴

  • X45
  • KL- Hガイド
  • オーバルリールシート
スポンサーリンク

ダイワ ラテオQ・90ML インプレ

f:id:tepe1215:20190704100412j:plain

タチウオやシーバスを河川、港湾で狙うためにパワーはML、長さは 9.6fか9fで悩んだあげく、操作性を重視し9fにしました。

パワー

ティップはしなやかでありながらバットはパワーがあります。このロッドでランカーシーバス、青物を何度か釣っていますが、魚の引きにもしっかりと耐えるパワーがあります。

ハマチサイズであれば、足場の良いところならMLでも十分にやり取りできます。

シーバスよりライトショアジギングがメインであればパワー(硬さ)はMがおすすめ。

キャストフィール

適合ルアー重量は7〜35gとなっており、10~30gのミノー、30g前後のメタルバイブ、30gのメタルジグは、余裕をもって快適にフルキャストができる。

またオーバースペックになりますが、40gのメタルジグを垂らしを長くとりキャストしてみましたが、やはりフルキャストはさすがに厳しい。

よく比較されるシマノのディアルーナと比べると、ラテオは柔らかめ(レギュラーテーパー寄り)のロッドのため、腕力がなくてもロッドの反発力を生かしやすいように思います。

初心者や女性であれば「ディアルーナ」より「ラテオ」の方がキャストはしやすいと思います。

自重 ・感度

ラテオ90MLの自重は133g。近年は軽いロッドも多く発売されているため特別に軽いわけではないですが、一日中キャストしていても疲れない軽さ。

また感度に至っても自重が軽い分、シーバスフィッシングにおいて十分な感度があり、ルアーを引いていても流れの変化なども十分に感じ取ることができます。

スポンサーリンク

おわりに

ラインナップが充実しておりコスパも非常に高く、初心者~中級者の方におすすめなロッド!

リールのサイズはダイワ、シマノなら2500~3000番クラスがベストマッチ。

MLがシーバス、フラットフィッシュ、タチウオ、ライトショアジギングなどができ、魚の引きを堪能できる万能ロッドだと思います。