秋の定番!落ち鮎パターンで大型シーバスを狙おう!

秋は一年通してシーバスゲームでベストシーズン。数釣りもでき、釣れるシーバスは大型の個体が多くなります。
というのも産卵を控えたシーバスが、体力を蓄えるために荒食いモードに入り、非常に活性が高くなるためです。
産卵を控えたシーバスはある程度大きな個体となるため、一年で一番ランカーシーバスが狙える時期でもあります。
またベイトも豊富で落ち鮎、コノシロ、サヨリなどさまざまなパターンがハマる時期。

今回は大型シーバスが釣れやすい「落ち鮎パターン」についてご紹介させていただきます。

 

 

「落ち鮎パターン」でランカーシーバスを釣りあげよう 

落ち鮎とは

f:id:tepe1215:20191031175821j:plain

鮎は産卵期を迎えると上・中流域から下流域に向け川を下ります。この時期の鮎のことを「落ち鮎」と言います。

産卵を終えた落ち鮎は体力がなくなり、さらに水温の低下とともに泳力を失います。そのため水の流れに逆らえず、流されてるくる落ち鮎はシーバスの恰好のターゲット。

その落ち鮎をシーバスが捕食することを、シーバスアングラーの中では「落ち鮎パターン」と呼んでいます。

 

落ち鮎パターンの時期

f:id:tepe1215:20191027163138j:plain

もちろん地域やその年の気温、水温によって左右されますが、おおむね10月~11月が「落ち鮎パターン」が成立する時期となります。
水温が15℃を下回る12月上旬以降は、ほとんどの地域で「落ち鮎パターン」は終了となります。

 

www.natural-journey.net

 

落ち鮎パターンを攻略しよう

「落ち鮎パターン」の釣り方は、ルアーを川の流れに乗せて流す「ドリフト釣法」が効果的です。
「ドリフト釣法」は、自分の立ち位置からアップクロス(上流側)にキャストし、ラインテンションをかけずに糸ふけだけをとり、ルアーを流れに乗せてトレースしてくる釣り方です。
弱った魚が流されていく感じをイメージすると分かりやすいですね。

 

攻略のポイント

● 水温低下(20℃~15℃の間)

● 雨後などの増水

 

場所

f:id:tepe1215:20191027163143j:plain

さまざまなベイトが集まる河川や河口部がポイントです。

その中でも鮎の産卵床となる石がゴロゴロ入っているチャラ瀬、カーブになっている場所、ブレイクなど流れや水深に変化のある場所が狙い目となります。
落ち鮎パターンに限らず、基本的にシーバスを狙う際の好条件の場所と同じです。

 

時間帯

f:id:tepe1215:20191027163134j:plain

鮎は夕方から夜にかけて産卵を行うため、シーバスを狙う時間帯は夕方からのナイトゲームが中心となります。
ただ日中でも落ち鮎を待ち構えているシーバスはいるため、朝マズメや日中でも落ち鮎パターンで釣ることは可能です。

 

「落ち鮎パターン」おすすめルアー5選

産卵をする鮎は比較的サイズも大型のものが多く、最大で30cmにもなります。そのため使用するルアーも大型ものを多用する傾向にあります。

アムズデザイン/komomo SF-145 

超シャローレンジを攻略できるビッグサイズルアーのコモモSF-145。
対ランカーシーバス用大型#3×3フックが標準装備。

 

メガバス/KAGELOU

シーバス用のシャローランナー。シャローエリアに差す大型シーバスを狙い撃つために、潜行深度は0~20cmに設定。
驚異的な飛距離と圧倒的な泳ぎ出しの良さを誇ります。
2019年10月には、ボリューム感のあるハイアピールボディが最も効果を発揮する、ビッグサイズの155mmも発売されました。

 

シマノ/エクスセンス ゴリアテHi

ドリフト、デッドスローにこだわりぬいたゴリアテHiは、落ち鮎シーバスにピッタリ。浮力の高いAR-C SHELLを搭載する事で、俊敏な立ち上がり性能を実現。
さらに大型サイズの145Fもニューリリースされました。

 

ガンクラフト/ジョイテッドクロー

言わずと知れたジョイクロ。キャストしているだけでも楽しくなるルアーです。

 

エバーグリーン/ストリームデーモン

言わずと知れた名作。モンスターハンティングのためのモンスターミノー“ストリームデーモン”。サイズは180、160、140の3種類のラインナップがあります。
落ち鮎の時期には必ず持っていきたいルアーの1つ。