Natural Journey

ナチュラルジャーニー

ルアーロッドにおすすめのロッドケース7選!

f:id:tepe1215:20200917155730j:plain

みなさん「ロッドケース」は使っていますか?

ロッドケースは大切なロッドをキズや破損から守り、快適に持ち運ぶためのアイテムです。

そんなロッドケースにもさまざまな種類のものが存在します。

今回はロッドケースの選び方や、おすすめの商品をピックアップしてご紹介させていただきます。

ロッドケースの選び方

ソフトとハードの2種類のタイプがある

ロッドケースには大きく分けて耐久性が高くて衝撃に強い「ハードタイプ」と、軽くて持ち運びが便利な「ソフトタイプ」の2種類があります。

どちらのタイプが良いということはなく、ご自身の釣行時の移動手段やシチュエーションによって選ぶといいでしょう。

 

●ソフトタイプ

f:id:tepe1215:20201001153643j:plain

出典:SHIMANO

 

POINT

 

・軽くて持ち運びに優れている

 

・安価で入手できる

 

・ハードタイプに比べ耐久性・保護性に劣る

 

ソフトタイプは柔らかい生地で作られてれており、軽量で持ち運びに適しています。

移動手段が電車や自転車であれば、ソフトタイプのロッドケースがおすすめ!

ハードタイプに比べると耐久性や保護性は劣りますが、他の荷物の下敷きになったりするシュチエーションがなければ、ソフトケースでも十分にロッドをガードすることができます。

またソフトタイプはケースを折り畳むことができ、必要のない時には場所をとらずコンパクトに収納することができます。

 

●ハードタイプ

f:id:tepe1215:20201001154018j:plain

出典:DRESS

 

POINT

 

・耐久性・保護性に優れている

 

・ロッド(竿)を複数本収納できる

 

・重量があり持ち運びに適さない

 

・ソフトタイプに比べ高価になる

 

ハードタイプはプラスチックの緩衝材が内蔵されたものや、表面にアルミなどの素材を使ったもので耐久性・保護性に優れています。

飛行機を利用し遠征する場合や渡船に乗り沖磯に渡る場合など、他の荷物の下敷きになったり、積み重ねなければいけないなど乱雑に扱うことがあるような場合はハードタイプを選びましょう。

 

サイズ(仕舞寸法)をしっかり確認しよう

f:id:tepe1215:20200517132922j:plain

ロッドケースを選ぶ際は、竿の長さがそのロッドケースに収まるかを最も注意し購入するようにしましょう。

そのため手持ちのロッド(竿)の仕舞寸法ロッドケースの寸法を必ずチェックしましょう。

ロッドケースの長さは、収納するロッドの長さよりも少し長いものを選ぶとよいでしょう。

ソルトルアーで使用するロッドであれば、160〜180cm前後の長さのロッドケースを選んでおけば、汎用性も高く間違いないでしょう。

この長さであれば、使用頻度の高い8〜9フィート台のロッドから10フィート台のロングロッドまで収納できます。

 

ロッド(竿)の収納本数もチェックしよう

f:id:tepe1215:20201001182614j:plain

出典:AbuGarcia

各社から発売されているロッドケースは、それぞれ収納出来る本数が異なります。

ご自身が釣り場に持ち込みたいロッド(竿)の本数が収納できるか、購入する前に忘れずチェックしましょう。

あまり多くの本数を詰め込んでしまうと、ロッド同士が干渉し破損に繋がってしまいます。またあまり少なすぎても、ロッド(竿)がケース内で暴れてしまう可能性があるのでメーカー表記の収納目安本数を参考に選ぶようにしましょう。

 

ルアーロッドにおすすめのロッドケース7選!

持ち運びに便利なソフトタイプ 

● ダイワ ポータブルロッドケース

軽量・シンプル・コンパクトで持ち運びしやすく、あると便利なダイワのポータブルロッドケース。サイズは3種類(130cm・140cm・160cm)


【商品説明動画】ポータブルロッドケース(B)

 

● シマノ ライトロッドケース 

シマノから発売されているコスパ抜群のライトロッドケース。

サイズは135cm・165cm・195cmの3種類のラインナップがあり、ほとんどのルアーロッドが収納できます。※ロッド(竿)収納目安は1~2本。 

 

衝撃からロッドをガードしてくれるハードタイプ

● DRESS セミハードロッドケース

コスパ抜群のDRESS セミハードロッドケース。サイズは150cm、180cmの2種類があり、180cmは11フィート(2ピース)以下のロッドが収納可能となっています。

 

● シマノ

生地にハード素材を内蔵したコスパ抜群のロッドケース。サイズは125~215cmまで全6種類のラインナップがあります。

 www.natural-journey.net

 

● ダイワ ライトロッドケース(C)

全周面に衝撃に強い肉厚ハードボードを内蔵。水や汚れに強いPVC素材でお手入れも簡単。長さから横幅まで豊富なラインナップによりルアー・磯・投げ・船・へらぶな・鮎など様々な釣種のロッドを収納可能。
ガイドの大きいルアーロッドもラクラク収納できるワイドタイプもラインナップあり。

 

● アブガルシア 

ロッドのレングスに合わせて長さ調節が可能なセミハードロッドケース。全長を120cmから210cmまで伸縮させることが可能。7フィート弱までの1ピースのバスロッドから2ピースのロングロッド、振りだし竿など多種多様のロッドが収納可。

 

 ● 双進 RBBロッドケースⅢ

ケース内部には仕切りとロッドを固定するテープを装備。

サイズは2種類あり、Mサイズは仕舞寸法157cm(10フィート)まで、Lサイズは仕舞寸法190cm(12フィート)まで収納可。

大切なロッドをキズや破損から守ろう!

ロッド(竿)のキズや破損は気をつけていても、不意なタイミングで起こってしまうことがほとんどです。特に穂先やガイド部分は細く繊細なため、少しの衝撃でも破損に繋がってしまいます。

大切なロッドにキズが付いたり破損してしまっては、せっかくの楽しい釣行が台無しとなり気分も下がってしまいます。

そうならないためにも大切なロッドをキズや破損から守ってくれるロッドケースの購入も、この際に検討してみていはいかがでしょうか。