どっちがおすすめ?!20レブロスLTと18レガリスLTを比較!

ダイワの小型スピニングリール「15レブロス」はコスパ抜群の人気リールでしたが、そのレブロスがLTモデルにリニューアルされました。

“LT(LIGHT&TOUGH)”とはもうみなさんご存じの通り、軽くて強いというコンセプトのリール。

さらにレブロスLTは前作より大幅な軽量化やATD(オートマチックドラグシステム)を搭載。

そして1万円以下の価格帯では、絶対的な地位を築いている「レガリスLT」があります。レブロスLTの発売で今後はどちらが買いなのか?!

今回は「レブロスLT」「レガリスLT」を比較してみました。

スポンサーリンク

スペック

ライトゲームでよく使用される2000番でスペックを比較してみます。

レブロスLT2000SレガリスLT2000S
巻取り長68cm68cm
ギア比5.25.2
自重200g190g
最大ドラグ5Kg5Kg
ベアリング
ボール/ローラー
4/15/1
本体価格8,700円10,000円

レブロスは前作より35gの軽量化をしていますが、自重はレガリスが10g軽くなっています。どの番手を比較しても大体10gほどレガリスが軽くなっています。

実売価格はアマゾンで調べたところ、レガリスLTが7,043円、レブロスLT6,049円(2020年1月Amazon調べ)となっており、価格差は1,000円ほど

スポンサーリンク

テクノロジー

次にリールに搭載されている機能、仕様を比較してみます。

レブロスLTレガリスLT
LTモデル
ATD
エアローター
タフデジギア
スプールLC-ABSスプールLC-ABSスプール
マグシールド

大きな機能・仕様についてはレブロス、レガリスともに違いはありません。

スポンサーリンク

ラインナップ

次にラインナップですが、レブロスは6000番までの全12種類に対して、レガリスは5000番までの全11種類となり、微妙にラインナップ、ギア比も異なっています。

※共通の番手以外は赤字

レブロスLTレガリスLT
LT1000SLT1000S
LT2000SLT2000S
LT2000S-XHLT2000S-XH
LT2500DLT2500D
LT2500SLT2500S-XH
LT2500S-HLT3000D-C
LT3000D-CLT3000-CXH
LT3000-CHLT3000S-C-DH
LT3000S-CH-DHLT4000D-C
LT4000-CHLT4000D-CXH
LT5000D-CHLT5000D-CXH
LT6000D-H

■ LTシリーズ製品 品番の読み方

f:id:tepe1215:20200127141419j:plain

出典:ダイワ

2000番を除いてレブロスは「ノーマルギア」か「ハイギア」、レガリスは「ノーマルギア」か「エクストラハイギア」となっていますね。

スポンサーリンク

まとめ

20レブロスLTと18レガリスLTを比較してみましたが、大まかに振り返ると

・価格差が実売で1,000円ほど違う

・レガリスの方が10gほど自重が軽い

・レガリスはボールベアリングが1つ多い

・レガリスはハンドルノブ交換、ベアリング追加ができる

個人的には1,000円ほどの価格差であれば、ボールベアリングが1つ多く、ハンドルノブも交換できるレガリスLTの方がいいかもしれませんね。

ただとにかく安価で抑えたい方や、希望の番手があるなどレブロスLTを選ぶ選択肢も全然ありだと思います。

ただどちらのリールもコスパ抜群なのは間違いないですね!

● 20レブロスLT

● 18レガリスLT

タイトルとURLをコピーしました