アジングを始めよう!ダイワ・シマノのおすすめリールをご紹介!

堤防、漁港などで気軽に釣りができることから、近年人気沸騰中のアジング !

回遊があれば比較的簡単に魚と出会うこともできる。またアジは小さいながらもなかなかの引きをしてくれ、釣り人を楽しませてくれる。

今回はそんなアジングリールの選び方、おすすめリールをピックアップしてご紹介させていただきます。アジングを始めようとお考えの方は、是非参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

アジングに最適なリールの選び方

f:id:tepe1215:20191025164926j:plain

リールの番手(サイズ)

ジグ単をメインに考えた場合、シマノ・ダイワともにリールの番手は1000〜2000番がおすすめ!

軽量なロッドを使用するためタックルバランスも考慮し、自重が軽いリールを選ぶようにしましょう。自重が軽いリールほど感度・操作性も高くなります。

< 番手の目安 >
  •  5f未満・・・#500
  •  5~6f・・・#1000
  •  6f~・・・#2000

リールの糸巻量

ラインを100〜150m程度巻けるスペック、シャロー(浅溝)スプールがおすすめ!

アジングではPEラインフロロカーボンラインエステルラインを使用します。初心者の方は、リーダーの結束が不要なフロロカーボンラインがおすすめです。

< ライン号数の目安 >
  •  PEライン・・・0.3号前後
  •  フロロカーボン・・・0.8号(3lb)前後
  •  エステル・・・0.3号前後

ハイギアorノーマルギア(ローギア)

アジングはスローな誘いをすることが多いため、個人的にはノーマルギア(ローギア)がおすすめ!

ハンドル一回転あたりの糸巻量が多いのが「ハイギア」。「ノーマルギア(ローギア)」はハンドル一回転あたりの糸巻量が少ないため、ゆっくりとルアーを動かすことができます。また巻出しもハイギアに比べ軽くなります。
どちらが良いということはないので、自分の好みで選ぶようにしましょう。

リールの自重

アジングで使用するリールは、自重が200g以内のものがおすすめ!

タックルの自重が軽くなると、感度向上に繋がります。できるだけ軽いものを選ぶようにしましょう。近年はリールの軽量化が進んでおり、エントリーモデルでも自重の軽いものが多くあります。

スポンサーリンク

【2万円まで】アジングにおすすめリール

■ ダイワ/レガリス

1万円以内で購入できるコスパ抜群のリール!最初の1台目におすすめ!ATD(オーマチックドラグシステム)付きなのも魅力!

■ シマノ/サハラ

こちらはシマノの1万円以内で購入できるコスパ抜群のリール。こちらも入門者の方におすすめのリールです。

■ シマノ/ソアレBB

シマノのライトゲーム専用モデル!予算15,000円までならこのリールがおすすめ!

■ ダイワ/月下美人X

ダイワの月下美人シリーズのエントリーモデル。巻き感度にこだわったライトソルトゲーム専用仕様。
アジング、メバリング入門者に最適な1台。

■ ダイワ/フリームス

2021年に新しくリニューアルされたフリームス。ダイワの新素材「ZAION V」の採用により、さらに軽さと剛性に磨きがかかった1台。

■ ダイワ/月下美人MX

こちらもダイワの技術を惜しみなく搭載したライトゲーム専用機。ダイワで15,000円以内ならこのリールがおすすめ!

■ ダイワ/カルディア

フリームス同様にダイワの新素材「ザイオンV」をボディ&ローターに採用!この価格帯でついにモノコックボディが搭載されました!おすすめ!

【2万円以上】アジングにおすすめリール

■ シマノ/ソアレCI4+

NEWマグナムライトローター」搭載!シマノのライトゲーム専用機。自重はなんと驚きの160g!

■ ダイワ/月下美人AIR

繊細さが求められるライトSWシーンの最先端を行く、ダイワのライトゲーム専用機。月下美人のロッドと合わせるとほんとかっこいいですよ!

■ ダイワ/バリスティックLT

2019年新たにリリースされた新商品。ハイエンドモデルにも劣らない軽量・耐久性を実現。

■ シマノ/ヴァンキッシュ

クイックレスポンスシリーズのハイエンドモデル。自重の軽さ、巻きの軽さを追求したリール。ライトゲームで感度は最も重要な要素です。