夏場の釣りにおすすめの服装をご紹介!日焼け対策もバッチリ!

f:id:tepe1215:20190622103835j:plain

夏の時期は暑さはもちろんのこと、紫外線も気になるところ。またマズメの涼しい時間帯は虫が気になり、釣りに集中できないなんてことも。

紫外線なんか気にするなら釣りをするなっ!と思う方もいらっしゃると思いますが...

できれば涼しく、快適に、オシャレに釣りをしたいと思いませんか?
今回は夏におすすめの服装、アイテムをご紹介させていただきます。

日差しから頭を守ろう

直射日光から頭を守るために、帽子は必ず被るようにしましょう。帽子にも色々なタイプのものがありますが、夏場はメッシュタイプのもが通気性もよくおすすめ!

 

 

 

偏向サングラスで目を保護しよう

夏場は特に日差しが強く、水面からの照り返しは思ってる以上に目に強い刺激を与えています。またサングラスをかけることにより、釣り針などから目を守ることにも繋がります。偏向サングラスは夏場に限らず、デイゲームには必須のアイテムです!

 

 

肌の露出をなるべく避けよう

夏は半袖短パンが当たり前ですが、釣りのときはさすがに紫外線、虫刺されが気になります。また釣り場には、フジツボやカキ殻が付着しているところもあり、それらに肌が触れケガをしてしまうこともあります。
そんなときにおすすめなのがラッシュガード!日差しから肌を保護してくれ、且つ吸水、速乾なので汗をかいてもベタベタしません。
フェイスマスクは釣りをしない人からすると怪しい人ですが、あればかなり重宝します。

 

 

 

 

 

撥水加工、透湿性、速乾性に優れた素材を選ぼう

撥水加工のものは汚れがつきにくく、透湿素材のものはムレを防いでくれます。また速乾素材は汗をかいてもベタベタせず、快適な釣行をサポートしてくれます。

 

 

 

 

ビーチサンダルはやめよう

ビーチサンダルは濡れているところでは、非常に滑りやすく危険です。また素肌が露出しているため、不意につまずいた際の怪我や虫刺されに繋がります。
テトラなどの足場が悪いフィールドでは、できればスニーカーなど動きやすいものを履くようにしましょう。

 

 

 

さいごに 

f:id:tepe1215:20190622111008j:plain

釣具メーカーのものは釣り人向けに作っているので、なにかと便利機能も多いですが値段もそこそこ。最近はユニクロなどでも透湿性・速乾性に優れたものも多く販売されており、値段も非常にリーズナブルでおすすめです!

夏場の日中は気温も高いため、釣り人も少なく一級ポイントも空いていることもしばしば。ただ釣りに夢中になりすぎて、熱中症にならないように気をつけて下さいね。 
こまめな水分補給と休憩を定期的にとり、快適なフィッシングを!