ダイワ・シマノのおすすめシーバススピニングリール10選!

f:id:tepe1215:20191026131834j:plain

ソルトルアーで大人気のシーバスゲーム。港湾、堤防、河川などで気軽に釣りにできるのは大きな魅力ですが、シーバスは大きいものでは体長が1mにもなり、本格的な大型魚の引きを味わうこうともできます。  
そんなシーバスゲームですが、各社からたくさんのリールが発売されており、購入の際は迷うことも多いのではないでしょうか。
今回はリールの選び方や、ダイワ、シマノから発売されているおすすめのリール10機種をご紹介します。

 

シーバスリールの選び方

f:id:tepe1215:20191117165413j:plain

リールの番手は?

・ ダイワ:2500~3000番 LTモデル:3000~4000番

・ シマノ:C3000~4000番 

リールの番手は糸巻量を基準に決めますが、堤防、河口、河川でシーバスゲームをするならダイワなら#2500~#3000※LTモデルは#3000〜#4000、シマノなら#3000~#4000がおすすめ!

大きな番手のリールを選ぶと自重も重くなり、キャストしていても疲れやすくなります。またオーバースペックになるため、魚の引きを堪能できません。

 

糸巻量はどれくらい必要なの?

・ PEラインは1号前後

・ 糸巻量は150~200m

シーバスゲームではPEラインが主流となり、ラインの太さは1号前後を使用します。

ラインを150m~200m巻けるスペックのリールを選びましょう!

それぞれのリールには適正な糸巻量があり、ラインを多く巻きすぎたり、少なすぎたりするとライントラブルの原因となります。

 

ギア比とは

数字が大きいほどハンドルを1回転した際に、ラインを多く巻取ることができます。

ノーマルギア、ハイギア、エクストラハイギアなどがありますが、汎用性の高いハイギアがおすすめ!

デイゲームではバイブレーションを早巻きすることが多いためハイギアが良いですし、ナイトゲームではルアーをゆっくりリトリーブすることが多いため、ノーマルギアも扱いやすいと言われています。
自分のよく行く釣行時間を考え、ベストなギア比を選ぶようにしましょう。

 

自重の軽いリールを選ぼう

近年のリールは軽量化されており、軽いものが多くなっています。

250gまでの自重のものを選ぶようにすると、一日中キャストしても疲れにくく、シーバスロッドとのタックルバランスも良いと思います。

 

ダイワ・シマノのおすすめリール10選

ダイワ、シマノから発売されているおすすめスピニングリール10機種をご紹介します。
※価格が低いものから順番にご紹介しております。

ダイワ

レガリス

見て良し、持って良し、回して良しの3拍子が揃った「レガリス」※マグシールド非搭載。1万円以下で購入でき、入門者の方におすすめ!

 

フリームス

ダイワの技術を惜しみなく搭載!LTモデルで生まれ変わったフリームス!1万円ちょっとで購入できるコスパ抜群のスピニングリール。 

 

カルディア

強さと軽さを兼ね備えたNEWスピニングリール。3000番で自重はなんとっ195g!2018年発売の「LT」コンセプトモデル。

 

バリスティック 

2019年ダイワの新商品。驚きの軽さが魅力!NEWラテオとの相性も抜群です。

 

セルテート

多くのプロアングラーも使用する剛性、高感度に優れたハイスペックのスピニングリール。

 

シマノ

ナスキー

HAGANEギア、コアプロテクト搭載!1万円以下で購入できるコスパ抜群のリール。入門者の方におすすめ!

 

19ストラディック

マイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブなど、ハイエンドモデルに匹敵する充実のスペック。

 

エクスセンスCI4+

ダークガンメタカラーで軽量かつハイスペックのシーバス専用機。17エクスセンスにも引けをとらないスペックの高さが魅力。

 

サステイン

ツインパワーXDと比較して、なんら遜色のないハイスペックリール。

 

エクスセンス

シーバス専用機のハイエンドモデル!シーバスを愛するアングラーにぜひ手にしてほしい一台。