ダイワからコスパ抜群の「ブラストLT」が登場!大幅に軽量化!

 

f:id:tepe1215:20181029104327p:plain出典:ダイワ

ダイワからソルトシーンで活躍するスピニングリール「ブラスト」がLTコンセプトを武装して新登場!

今回はオフショアのライトジギングからショアジギングと幅広く対応可能な「18ブラストLT」についてご紹介させていただきます。

18ブラストLTの特徴

ダイワ60周年を迎え、2018年に発表された「LTコンセプト」を武装した注目の新製品。

ショア・オフショアと幅広いフィールドに対応し、ダイワのミドル機種として性能と価格の面から人気を得ているスピニングリール。

大幅な軽量化

f:id:tepe1215:20181029111848j:plain出典:ダイワ

18ブラストLTはLTコンセプトにより、大幅な軽量化を実現。
番手表記が変更になっていますが、18ブラストLT5000D-CXHと前作ブラスト3500Hを比較するとその差は歴然!重量は前作より130gも軽くなっています。

 

タフデジギア搭載

 

f:id:tepe1215:20181029154905j:plain

出典:ダイワ

前作ブラストではデジギアⅡが搭載されていましたが、今作よりさらに進化したタフデジギアを搭載。その歯面精度は従来比の10倍。

スーパーメタルボディは前作より引き継がれており、ボディの剛性は健在!

今作はさらに滑らかな回転がより長く続くタフデジギアによりギアの剛性も向上!

 

ダイワテクノロジー

  • MAGSEALED[マグシールド]
  •  ATD[オートマチックドラグシステム]
  •  AIR ROTOR[エアローター]

  

サイズ別対象魚の目安

  • LT4000ーシーバス、フラットフィッシュ、ライトジギング、ライトショアジギング
  • LT5000ーライトショアジギング、ライトジギング、シーバス、フラットフィッシュ
  • LT6000ージギング、ショアジギング 

 

ラインナップ

f:id:tepe1215:20181030135639p:plain

  

18ブラストLT4000-CH 

18ブラストLT4000-CXH 

18ブラストLT5000-CXH 

18ブラストLT6000D

18ブラストLT6000D-H 

 

ブラストLTとストラディックSWの比較

 

f:id:tepe1215:20181102161428p:plain

スペックとしてはほぼ同じですが、自重がブラストLTの方が25g軽くなっています。
大きな違いとしては、ブラストLTは番手が6000番まであるのに対し、ストラディックSWは5000番までとなります。
個人的な意見としては、フルメタルボディのブラストLTのほうがいいかもしれませんね。