ショアジギング・ショアプラッキングを始めよう!おすすめのタックルを一挙にご紹介!

釣り人なら誰もが「もっと大きな魚を釣りたい!」と思うはず。

今回は堤防はもちろんのこと、沖堤防、地磯、沖磯でショア(岸)から大型魚をターゲットにした、ショアジギング、ショアプラッキングのタックル(ロッド・リール)をご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

ショアジギング・ショアプラッキングを始めよう!

f:id:tepe1215:20191118105110j:plain

ライトショアジギングは小型、中型魚がターゲットになりますが、今回紹介するショアジギング、ショアプラッキングは大型魚がターゲットになります。

そして大型魚をターゲットにしたショアジギング、ショアプラッキングでは、魚のパワーに負けない強靭なタックルが必要です。

例えば地磯、沖磯なら根に潜られないよう、魚に主導権を与えないことが重要となります。また沖堤防などの足場が良いフィールドでも、大型魚の釣果が上がれば多くのアングラーが押し寄せ、隣のアングラーとの間隔も狭くなります。そんな中ライトなタックルで大型魚がかかってしまった際は、右に左に走られ他のアングラーに迷惑がかかってしまう可能性もあります。

そのためある程度パワーのあるタックルが必要となりますので、選ぶ際のポイント等を見ていきましょう。

ロッド選びのポイント

  • 長 さ:10フィート前後
  • 硬 さ(パワー):堤防・沖堤防 MH~H 地磯・沖磯 H以上

硬さ(パワー)

メインで使うルアーの重量を基準に、ロッドの硬さ(パワー)を選びましょう。

フィールドにもよりますが、メタルジグであれば60g~100g、プラグであれば40g~80gを使用することが多いので、MH以上のパワー(硬さ)のロッドが必要になります。

潮の流れが速いエリアであれば、100gのメタルジグをキャストすることもあるため、自分のフィールドに合わせてロッドの硬さ選ぶようにしましょう。

地磯・沖磯で大物だけをターゲットにするなら、ジグ120g~、プラグ80g~以上をキャストできるロッドを選べばいいでしょう。

長さ(レングス)

ロッドの長さは10ft前後がおすすめ!

長いロッドほど遠投性能に優れていますが、その分ロッドの自重も重くなるため自分の体力も含め選ぶようにしましょう。

またメタルジグとプラグどちらをメインに使用するかによっても、ロッドの長さを選ぶポイントになります。

メタルジグがメインであれば、10ftを超える長いロッドだとシャクリづらくなります。逆にプラグがメインであれば足場の高い場所でもプラグをアクションさせやすいよう、長めのロッドがいいでしょう。

リール選びのポイント

  • ライン:堤防・沖堤防 2~3号 地磯・沖磯 3~6号
  • 番 手:5000~14000番

大型魚をターゲットにしているため、PEラインは2〜6号のものを使用し、200〜300m巻けるスペックのリールを選びましょう。

リールへの負担も大きな釣りになるため廉価なものは避け、剛性や耐久性に優れたミドルクラス以上のリールを選択するほうが良いでしょう。

リールの番手は堤防・沖堤防なら#5000~#6000、ダイワの旧番手は#3500~#4000、地磯・沖磯ならシマノ#8000~#14000、ダイワの旧番手は#4500~#5000のサイズがおすすめ!

スポンサーリンク

ショアジギング・ショアプラッキングにおすすめのロッド

ロッドのレングス(長さ)やパワー(硬さ)は、上記の選び方をもとに選びましょう。

■ ダイワ・ショアスパルタンコースタル

3万円台で購入できるダイワの本格ショアジギングロッド!ショアスパルタンシリーズには、上位モデルにショアスパルタンがあり、下位モデルにショアスパルタンスタンダードがあります。

■ シマノ/コルトスナイパーXR

2020年に発売されたばかりのニューモデル。ショアジギング&プラッギングゲームに求められる「遠投性・軽さ・シャープさ・パワー」のベストバランスを求めた本格ショアキャスティングロッド。

■ 天龍/パワーマスター Heavy Core

ショアからのゲームに拘り、あえて難易度が高いターゲットに挑むために生まれたパワーマスターシリーズ。
フルモデルチェンジによって、最先端素材『C・N・T』を使ったヘビーコア。
プラグ専用モデルであるプラッキングもラインアップがあります。

■ アピア/グランデージXD

湾岸青物から近海ロックショアのトロフィークラスを狙い撃つための超実践型ショアジギング&プラッギングモデルのラインナップ。

■ ヤマガブランクス/ブルースナイパー

国内自社工場にて一貫生産している安心のロッドメーカー。生産数も決まっているのでなかなか手に入らないことも。ブランクにはナノアロイテクノロジーを採用。

■ ゼナック/ミュートスソニオ

軽量ルアーをシーバスロッドのようなフィーリングで使用でき、ヒット後はショアジギングロッドのファイトパワーを発揮するソニオ。地磯・沖磯がメインならミュートスアキュラがおすすめ。

zenaq.com

ショアジギング・ショアプラッキングにおすすめのリール

大型魚とやりとりすることを想定した場合、リールには剛性とパワーが求められます。ダイワ、シマノであればSWシリーズの大型リールがおすすめ。

ダイワ

■ ブラスト

「LT」コンセプトで生まれ変わったブラスト。スーパーメタルボディでしっかりした巻上力とパワーを生み出すコスパ抜群のリール。

 品  名LT5000D-CXHLT6000D-H
巻取り長105㎝101㎝
ギ ア 比6.25.7
自   重285g370g
最大ドラグ12kg12kg
糸 巻 量2.5-300m

 

3-210m

3-300m

 

4-220m

ベアリング6/16/1
ハンドル長60mm65mm

■ 21セルテートSW

タフスピニングの代名詞セルテートに、遂に⼤型サイズ「セルテートSW」がデビュー。モノコックボディ搭載で⾼耐久かつ滑らかな巻き⼼地!

品  名8000-H10000-H14000-XH
巻取り長111㎝118㎝134㎝
ギ ア 比5.85.86.2
自   重625g625g635g
最大ドラグ25kg25kg25kg
糸 巻 量3-400m

 

4-300m

4-400m

 

5-300m

5-400m

 

6-300m

ベアリング8/18/18/1
ハンドル長80mm80mm80mm

■ ソルティガ

ダイワのハイエンドモデル「SALTIGA / ソルティガ」。ダイワの技術がふんだんに詰まった究極のリール。

品  名8000-H10000-H14000-XH
巻取り長111㎝118㎝134㎝
ギ ア 比5.85.86.2
自   重655g655g665g
最大ドラグ25kg25kg25kg
糸 巻 量3-400m

 

4-300m

4-400m

 

5-300m

5-400m

 

6-300m

ベアリング12/112/112/1
ハンドル長80mm80mm80mm

シマノ

■ ストラディックSW

ストラディックSWシリーズが新たにリニューアルされました!ラインナップが大幅拡充され、なんとインフィニティドライブ搭載!

品  名5000XG6000HG8000HG10000HG
巻取り長105㎝103㎝107㎝116㎝
ギ ア 比6.25.75.65.6
自   重430g440g645g660g
最大ドラグ12kg12kg13kg13kg
糸 巻 量2-350m

 

3-240m

2-440m

 

3-300m

3-410m

 

4-300m

4-400m

 

5-300m

ベアリング6/16/16/16/1
ハンドル長65mm60mm75mm75mm

■ ツインパワーSW

ステラにも負けず劣らない性能のツインパワーSW!このリールを買っておけば間違いないと言っても過言ではありません。

品  名5000HG6000HG8000HG10000HG14000XG
巻取り長97㎝103㎝107㎝116㎝134㎝
ギ ア 比5.75.75.65.66.2
自   重415g420g615g655g660g
最大ドラグ13kg13kg25kg25kg25kg
糸 巻 量2-350m

 

3-240m

2-440m

 

3-300m

3-410m

 

4-300m

4-400m

 

5-300m

6-300m

 

8-200m

ベアリング10/110/110/110/110/1
ハンドル長65mm65mm75mm75mm80mm

■ ステラSW

言わずと知れたシマノ史上最強のスピニングリール!2019年に新しくなり巻きの軽くなった釣り人の憧れ「STELLA / ステラ」。

品  名5000HG6000HG8000HG14000XG
巻取り長97㎝103㎝107㎝134㎝
ギ ア 比5.75.75.66.2
自   重420g425g625g675g
最大ドラグ13kg13kg28kg25kg
糸 巻 量2-350m

 

3-240m

2-440m

 

3-300m

3-410m

 

4-300m

6-300m

 

8-200m

ベアリング13/113/113/113/1
ハンドル長65mm65mm75mm80mm

さいごに

大型魚をターゲットとしたショアジギング・ショアプラッキングは、強靭なタックルを使用するため、タックル重量も相当なものになります。

最初のうちはタックルが重く感じますが、使い続ければすぐに慣れてくるので諦めずにキャストすることが釣果への一番の近道です。

せっかく掛かった大物がラインブレイクなんてことにならないよう、万全の準備をし BIG FISH を手にしよう!