本格的なショアジギングを始めるならダイワの「ショアスパルタン スタンダード」もおすすめ!

f:id:tepe1215:20191026150522j:plain

ダイワから発売されている「ショアスパルタン スタンダード」は2万円台で購入できる本格的なショアジギングロッド。
ライトショアジギングからヘビーデューティーなモデルまであり、ショアスパルタンシリーズのエントリーモデルにあたります。
見た目はブラック一色って感じのロッドで、個人的には好みです。
以前にプラグ用として購入した「ショアスパルタン スタンダード106H」の使用感なども含めご紹介したいと思います。

 

ショアスパルタン スタンダードの特徴・スペック

主な特徴としては 高密度HVFカーボン、 X45、Vジョイント の3点になります。

 

f:id:tepe1215:20190719111533j:plain

高密度HVFカーボン

ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。強さと粘りを必要とするロッドに最適な素材となっている。
出典:ダイワ

 

f:id:tepe1215:20190719182545j:plain

X45

竿は操作時・やり取り時など一連の動きの中で目に見えない「ネジレ」が発生し、操作性やパワーの低下などを引き起こす。こうしたネジレ防止の最適角度である±45°のバイアスクロスを巻きつけることでネジレを徹底的に防ぎ、操作性・パワー・安定性を向上させ、ロッドの性能を飛躍的にアップさせるダイワ独自のテクノロジー。
出典:ダイワ

 

f:id:tepe1215:20190719182548j:plain

V-ジョイント

節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造を採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度が向上。1ピースロッドのような滑らかな繋がりでロッド本来のパワーをロスなく発揮させることができる。
出典:ダイワ

 

ラインナップはライトショアジギングから、大型青物まで視野に入れたヘビーデューティーなモデルまで全7種類。 

f:id:tepe1215:20190823132329j:plain

 

アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
ルアー重量
プラグ(g)
ルアー重量
ジグ(g)
適合ライン
PE
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
96M 2.90 2 150 245 1.9(1.8)/13.4 10-40 15-60 1-2 96 35,000
106M 3.20 2 165 260 1.8(1.7)/14.9 10-40 15-60 1-2 96 36,000
96MH 2.90 2 150 250 2.2(2.1)/14.4 20-70 25-90 1.5-3 98 35,500
100MH 3.05 2 157 265 2.1(2.0)/15.4 20-70 25-90 1.5-3 96 36,000
106MH 3.20 2 165 280 2.0(1.9)/15.4 20-70 25-90 1.5-3 97 36,500
96H 2.90 2 150 275 2.3(2.2)/15.4 20-80 30-100 2-4 97 36,000
106H 3.20 2 165 295 2.1(2.0)/15.8 20-80 30-100 2-4 97 37,000

 

ショアスパルタンシリーズの比較

ショアスパルタンシーリズは3タイプのモデルがあり、最上位モデルが ショアスパルタン > ショアスパルタン コースタル > ショアスパルタン スタンダード となります。

大きな違いとしてはガイドとロッドの素材に違いがあります。

f:id:tepe1215:20190823150754p:plain

ショアスパルタン スタンダード106Hの使用感(インプレ) 

まず自分が買ったときのものは、ロッドケースに印字されている内容と、ホームページに記載されている内容が違いました。
※正しくはダイワのホームページに記載されているものとなります。

106Hは10kgクラスの青物・シイラとなっていますが、実際は5kgクラスの青物・シイラが正しいようです。


f:id:tepe1215:20190823132324j:plain

実際に使用してみるとプラグスペシャルというだけあって、ティップはしなやかでプラグをアクションさせやすい仕様になっています 。ダイビングペンシルもミスダイブが少ないように感じます。

35〜65gのプラグ、40〜80gのメタルジグをキャストしましたが、もちろん快適にフルキャストできます。またレングスがあるため遠投性能も抜群でぶっ飛びます!

バットは思っていたほど硬くなく、魚をかけた際は良い感じで曲がってくれ、しっかりとタメも効く感じ。

 

またショアスパルタンシリーズはグリップエンドが短いとよく言われていますが、自分は気になるほどでもありません。
下の写真はコルトスナイパーBBと並べて撮影したものになります。

f:id:tepe1215:20190823132352j:plain

左:コルトスナイパーBB 右:ショアスパルタン スタンダード

1つ気になるところは、ロッドの長さがあるためか結構な先重り感があります。リールはキャタリナ4500Hなので問題ないはずなのですが・・・

10フィート6インチのロッドはこれしかない持っていないので、他と比べようがありませんがこんなものなのでしょうか??

●ショアスパルタン スタンダード106H

 

ショアスパルタン スタンダードにおすすめのリール 

●ダイワ ブラストLT

LTモデルでスーパーメタルボディ搭載の高剛性SWリール。6000番はPE3号が300m巻けるスペックで自重は驚きの370gと軽量。

 

●ダイワ キャタリナ 

ソルティガに勝るとも劣らない「キャタリナ」。こちらもスーパーメタルボディ搭載で高剛性のリール。ラインローラーにもマグシールドボールベアリングを搭載。

 

さいごに

自分はプラグ用が欲しかったので106Hを購入しましたが、100MHであればジグもプラグも使いやすいオールラウンドなロッドだと思います。

これから本格的にショアジギングを始めようとお考えの方は、「ショアスパルタンスタンダード」もぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

●ショアスパルタン スタンダード100MH